Japanese fonts required for this site.
But, We have experience of doing business with overseas customers.
Please feel free to write to us in English at <info@kouseidou.jp>.


屏風について ( 商品情報・お手入れの方法など )


屏風とは ( 歴史を紐解くと )

屏風

屏風の原型となるものは漢の時代に風除けの道具として中国で生まれ、朝鮮半島(新羅)を経由して686年に日本に伝わったとされています。しかし、ここで言う屏風は、複数の衝立を綴じ紐でつないだもので、現在のように和紙や絹で蝶番を作り前後に開閉ができるようになったのは鎌倉時代のことです。

この屏風は日本独自のもので、室町時代以降は輸出品として珍重され、遣明船による日明貿易で金屏風が多く輸出され、これにより、明では日本の屏風を「軟屏風」と呼び、中国古来の風除けとしての屏風を「硬屏風」と呼んで区別していたという記録が残っています。(以下、当サイトでは日本独自の「屏風」(軟屏風)について解説します)

なお、「びょうぶ」の表記は、正しくは「屛風」ですが、「屛」の字が常用漢字ではないので、一般には簡易慣用字体の「屏」を用いて「屏風」と書きます。当サイトでも、閲覧等に支障が無いよう、「屛風」ではなく「屏風」という表記にしています。


屏風の種類 ( 一般的な分類 )

屏風の1枚を「扇(せん)」と呼び、向かって右から第1扇、第2扇、第3扇と数えます。複数の扇をつないだ物を「隻(せき)」と呼び、これが屏風の基本です。また2隻で対を成す屏風を「一双」と数え、1隻を半双と呼ぶこともあります。一双の屏風では、向かって右側を「右隻(うせき)」、左側を「左隻(させき)」と呼びます。

六曲屏風【ろっきょくようぶ】

6扇を1隻につないでいる屏風六曲屏風と言い、かつては最も一般的な屏風でした。特に、2隻で対を成すものを「六曲一双屏風(ろっきょくいっそうびょうぶ)」と呼びます。

中でも、「本間六曲屏風(ほんけんろっきょくびょうぶ)」は、高さは鴨居の高さと同じで、平たく広げた時に、畳2帖(2間)の幅をもつ大きなもので、屏風絵を描く下地として重宝されました。

現在では、住宅事情もあり、一般の家庭では見られなくなってきましたが、美術館で観る屏風絵の多くが六曲一双屏風に描かれていますし、結婚式場の金屏風など、まだまだ現役で活躍しているものも多いです。

四曲屏風【よんきょくびょうぶ】

4扇を1隻につないでいる屏風四曲屏風と言います。

元々、あまり作られる様式ではなかったうえに、江戸時代に、切腹する際に用いる屏風と定められたので、一般に用いられることがなくなってしまいました。

ただ、近年では、そういった縛りもなくなり、住宅事情にマッチするものとして見直されています。

二曲屏風【にきょくびょうぶ】

2扇を1隻につないでいる屏風二曲屏風と言います。この様式は戦国時代に生まれ、今日まで、もっとも広く普及している様式です。

風炉先屏風【ふろさきびょうぶ】

茶の湯において、四畳半または六畳以上の広間での点前の際に、道具畳の向こう側に置く二曲屏風風炉先屏風と言います。場を引き締め、茶道具を引き立て保護する目的で使われるとされていますが、広間の襖や障子を風炉の熱から保護する働きもあり、使用される広間に合わせて作られます。

幅は畳の大きさによって決まりますが、高さや素材に関しては、各流派や茶人の好みにより様々な様式があります。

枕屏風【まくらびょうぶ】

枕屏風は、文字通り枕元に立てる背の低い二曲屏風で、隙間風を防ぐ防寒効果があります。また部屋の隅に畳んで置いた寝具の目隠しにも用いられます。

特に決まった様式はなく、高さは50cm~75cm程度、幅は大きくても90cm程度の小さな屏風で、デザインも様々です。最近では本来の用途以外に、部屋のインテリアとしても好まれています。

その他

近年、屏風本来の使用目的である間仕切りや風除けを兼ねたインテリアとして、従来の様式にとらわれない発想の屏風も作られるようになってきました。

例えば、六曲を超える多曲屏風であったり、蝶番の特性を生かして両面を使えるようにした両面屏風、1扇ごとの大きさに変化を持たせて部屋のインテリアとして魅せる変形屏風など、様々な発想で、新しい屏風が生まれています。もちろん、時代とともに淘汰されてゆくものもあるでしょうが、伝統の技を残しつつ、新しいものに挑戦して行く分野として屏風の可能性はまだまだ大きいのではないでしょうか。


制作手順 ( 屏風いろいろ )

仕立直し:二曲屏風

二曲屛風。(修復前・修復後)

昭和初期に制作された二曲屏風修復のご依頼をお受けしました。本紙はお客様が13歳の時に書かれた書作品で、大阪市の書道コンクールで最優秀賞を受賞された記念に二曲屏風に仕立てたものだそうです。

当時は支那事変勃発直後で物資が不足し始める前でしたから、使われている材料もしっかりしており、骨下地には全く問題がありませんから、今しっかりと直しておけば、扱い方によってはこれから50年~100年は持たせることが可能です。(もちろん適切なタイミングで修理や仕立て直しを行なえば、世代を超えて、それこそ何百年という単位で伝えて行くことができます)

制作当時と同等以上のしっかりした材料を使って下貼りと紙蝶番を新しくした下地に、本銀箔を押した鳥の子を揉み紙にして張り、破れを直して洗いをかけた本紙を張り付け、綺麗によみがえらせることができました。(本紙を際立たせるアクセントとして、今回は本紙の周りに細い筋を入れています)

思い出の書作品をお預かりしての作業でしたが、お客様ご自身や、ご家族の皆さんに気に入っていただけて良かったです。


営業案内 ( 取扱商品・ご注文から納品までの流れなど )

取扱商品等

  • 屏風 (びょうぶ)
    新調
    修理・仕立て直し
    古書画の修復・洗い
    目的や飾る場所などについて詳しく伺い、最適な様式やデザイン、裂や縁の素材等をご提案いたします。
    本紙の折れや破れの修復、蝶番の修理も行っております。
    古書画の時代(風合い)を残した本紙の洗いも承っております。まずはお気軽にご相談ください。

御見積もりは無料で承っております。お気軽にお尋ね下さい。

修理・仕立て直しのご依頼から納品までの流れ

屏風 (びょうぶ) の修理・仕立て直しの場合

  1. お電話 / メール / FAX によるお問い合わせ

    TEL: 0797-85-1337 FAX: 0797-84-6107
    E-mail: info@kouseidou.jp

    • 屏風の修理・仕立て直しに関する質問やご希望、ご予算などをお知らせください。
      概算のお見積りをお答えいたします。
    • ご依頼品の受け付けは、ご来店ご訪問ご郵送が可能です。お客様のご都合に合わせてお選び下さい。

    ご相談、お見積りのみのご依頼も無料で承っております。お気軽にどうぞ!

    お問い合わせフォーム

  2. ご依頼品の受け付け
    ご来店での受け付けの場合
    • お車でお越しいただく場合は1台分の駐車スペースがございます。また、近隣にコインパーキングもございます。
    • 仕立て替えをご希望のお客様は、ご来店の際に、実際に飾るお部屋の雰囲気がわかる写真をお持ちいただくと、最適な様式やデザイン、裂と縁の取り合わせをご提案させていただくことが可能です。
    • 裂見本や縁のカタログなどをお見せいたしますので、仕上がりをイメージしながら使用する材料をお選びいただけます。
    • 屏風の状態を確認の上、豊富な商品知識で、お客様のご希望に沿った仕上げをご提案させていただき、詳細な見積もりと納期についてご説明いたします。

    この段階でお断りいただいても料金は発生しませんのでご安心下さい。

    • お客様にご納得いただいたうえで、ご依頼品をお預かりいたします。
    ご訪問での受け付けの場合
    • 裂見本や縁のカタログなどをお持ちしますので、仕上がりをイメージしながら使用する材料をお選びいただけます。
    • 仕立て替えをご希望のお客様は、ご訪問の際に、実際に飾るお部屋を拝見させていただけますと、最適な様式やデザイン、裂と縁の取り合わせをご提案させていただくことが可能です。
    • 屏風の状態を確認の上、豊富な商品知識で、お客様のご希望に沿った仕上げをご提案させていただき、詳細な見積もりと納期についてご説明いたします。

    この段階でお断りいただいても料金は発生しませんのでご安心下さい。

    • お客様にご納得いただいたうえで、ご依頼品をお預かりいたします。
    ご郵送での受け付けの場合
    • 事前にお電話やメールなどで詳細につきまして打ち合わせをさせていただきます。ご依頼品の写真をお送りください。
    • 仕立て替えをご希望のお客様は、最適な様式やデザイン、裂と縁の取り合わせをご提案させていただくため、可能であれば、実際に飾るお部屋の雰囲気がわかる写真をお送りください。
    • 実際に裂見本や縁のカタログなどをお見せすることはできませんが、メールで裂や縁の写真をお見せいたします。
      ただし、写真だと実際とは異なるイメージになる場合もありますので、その点はご了承ください。

    この段階でお断りいただいても料金は発生しませんのでご安心下さい。

    • ご納得いただけましたら、ご依頼品の発送をお願いいたします。

    発送は着払いで結構です。
    ご依頼品を発送する際は、傷まないようしっかりと梱包して下さい。配送中に傷んだ品物につきましては保証は致しかねます。
    梱包についてのアドバイスをさせていただきますので、お気軽にお尋ねください。

    • 到着したご依頼品の状態を確認の上、詳細な見積もりと納期についてご連絡いたします。

    この段階でお断りいただいてもお見積りに関する料金は発生しませんのでご安心下さい。
    ご依頼品は傷まないよう梱包し、送料元払いでお返しいたします。
    なお、大型品によっては、送料および梱包にかかる実費をいただく場合もございますので、予めご了承ください。

  3. 修理・仕立て直し
    • お預かりしたご依頼品の修理・仕立て直しを行います。

    ※当店では、外注は一切行わず、全工程を一級表装技能士による手作業で行っております

    納期の目安:
    屏風:約1ヶ月

    ※納期はご依頼品の状態や屏風の様式によって変わります。
    実際の納期につきましてはご依頼品をお預かりした際にご相談の上、お知らせいたします。

  4. 仕上がりのご連絡
    • お電話 または メール にて、仕上がりのご連絡をいたします。
    • ご依頼品のお渡しは、ご来店ご訪問ご郵送が可能です。お客様のご都合に合わせてお選び下さい。

    ※メールでのご連絡をご希望のお客様は、info@kouseidou.jp からのメールを受け取れるように受信許可設定をお願いいたします。

  5. ご依頼品のお渡しとお支払い
    ご来店でのお渡しの場合
    • お車でお越しいただく場合は1台分の駐車スペースがございます。また、近隣にコインパーキングもございます。
    • 開き方、閉じ方、しまい方など、取り扱いに関するご説明をさせていただいた上で、ご依頼品をお渡しいたします。
    • お支払いは現金にてお願いいたします。
    ご訪問でのお渡しの場合
    • 開き方、閉じ方、しまい方など、取り扱いに関するご説明をさせていただいた上で、ご依頼品をお渡しいたします。
    • お支払いは現金、または後日1週間以内に銀行振込にてお願いいたします。

    恐れ入りますが、銀行振込の際のお振込み手数料のみ、お客様のご負担をお願い申し上げます。

    ご郵送での受け付けの場合
    • お振込先口座をお伝えしますので、お支払いは銀行振込にてお願いいたします。

    ※恐れ入りますが、銀行振込の際のお振込み手数料のみ、お客様のご負担をお願い申し上げます。

    • お振込の後、配達希望日時をご連絡ください。入金が確認でき次第、ご依頼品を傷まないように梱包して、送料元払いで発送いたします。

Contents:

宏精堂 家門表具店

ご注文から納品まで

お問合せ先

折り込みチラシ
黒網 取り扱ってます!

折り込みチラシ
張り替え時期のめやす

Google+ Facebook Yahoo!知恵袋